HOME > 採用情報 > 先輩社員の声
 
求める人物像
新卒採用
キャリア採用
先輩社員の声
人材育成
先輩社員の声

先輩社員の声1

Y.F
2001年入社 システムエンジニア

システム開発部
九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業

私の仕事


システム化のご提案から設計・開発まで。
物流システムや販売・顧客管理システムなどのご提案から、 構築・設計・開発までを担当しています。的確なご提案には お客様のニーズを読み解くことが“鍵”。 コミュニケーション能力や想像力が欠かせません。
 

私がこの会社を選んだ理由


独立経営を貫いてきた姿勢と、長い歴史に惹かれました。
大学で学んだ知識を自分の地元で活かせればと、福岡でIT業界の企業を 探していました。そのなかでも、情報処理サービス会社としての長い歴史と、 経営実績・独立経営を貫いてきた当社の姿勢に惹かれました。
 

一番うれしかったことにまつわるエピソード


初めての納品で、お客様の喜ぶ姿を見たとき。
入社1年目の冬、初めて物流システムの打ち合わせから設計・開発までを 任されました。お客様にとっても電子システムの導入は初めての試み。 私はニーズを引き出すために、サンプル画面を作るなどの工夫をしました。 そうして出来上がったシステムを納品した際、実際に現場で働く方々にレクチャーと ともに触っていただいたところ、「すごい! こんなことができるんだ」 と驚いて「これで仕事が楽になる。とても便利だね」と喜んでくださいました。 その輝く眼差しを見て私も嬉しくなり、仕事の醍醐味を実感しました。
 

今だから話せる、一番の失敗談


テスト中のシステムで不具合が発生し、パソコンが緊急停止。
入社3年目のこと。本番稼動前のテスト段階に入っていたシステムで不具合が発生し、 突然パソコンが動かなくなってしまったことがあります。すぐに対応しましたが、 翌日の午前中まで業務に影響が出てしまいました。プログラムには、ある意味不具合は つきものです。本番稼動前にその箇所がわかり、修正できたので結果的には良かったものの、 確認作業の大切さを痛感しました。
 

就職活動アドバイス


仕事は経験してみないとわからない部分が多くあります。 正直なところ、就職活動の段階ではその仕事が本当に自分に合うかどうかの 判断が難しいでしょう。でも、今はとにかくいろいろな分野に関心を持つこと。 そして「よし、これをやってみよう」「自分の力で切り開いていこう」と確信できる 仕事を探し出せればいいと思います。あとは自分の決断を信じて、頑張ってください。
 

先輩社員の声2

N.F
2006年入社 営業

受託営業部
佐賀大学 経済学部 経済学科 卒業

私の仕事


行政関連の業務を受託する仕事です。
お客様の信頼を得て、お客様が行われている色々な業務を受託する仕事です。 入社して関わった業務は、行政・大学関連です。 お客様のご要望を一早く察知できる洞察力や一歩先を行く業務方式を提案する 能力が必要です。
 

私がこの会社を選んだ理由


当社に入社した先輩のイキイキとした様子に魅力を感じて。
大学の先輩に、当社に入った方がいました。OB・OGが参加される会合で、 その方とお話する機会があり、イキイキと仕事に取り組んでいる様子が全身から あふれ出ていて、感銘を受けました。IT関連業界や営業職に興味があった私にとって、 当社の事業内容はピッタリでした。またスポーツの部活動も盛んであることを聞いて、 当社の一員になりたいと思いました。入社して、情報処理やPC操作などの社内研修会が 開催されていることと、その内容の充実度に驚きました。知識が広がるだけでなく資格を 取得すれば、さらに待遇が良くなるんです。自分を磨ける会社だと実感します。 営業の仕事も、人脈が広がっていくことが楽しく、やりがいを感じています。
 

一番うれしかったことにまつわるエピソード


初めての入札業務をきちんとやり遂げられたとき。
行政の仕事は毎年行われます。入社して間もない頃は、先輩に教わりながら 業務を覚えていたのですが、夏には初めて自分一人で入札に参加しました。 細かい項目を漏れがなく確認しなければならないため、意気込む半面 「間違いがあってはならない」という緊張で冷や汗をかきました。そのぶん、 落札できたときは「やり遂げた」という達成感で胸がいっぱいになりました。 しかし商品を納入する段になって、先輩にチェックしてもらったところ 「種類が違う」と指摘されてしまい……。実害は未然に防げましたが、 最後まで気が抜けませんでした。2年目に入りやっと要領をつかんできたものの、 入札は現在も緊張と達成感の連続。それだけ挑戦しがいがある仕事です。
 

今だから話せる、一番の失敗談


A社とB社の納品物を取り違えて発送してしまいました。
入社1年目、配送の際の確認ミスで、危うく納品日に遅れそうになったことがあります。 そのときはA社とB社への納品物を同時に発送。しかし配送業者さんに口頭で指示しただけで、 ラベルが逆に貼られていたのを見逃してしまったんです。A社の方から「違うものが 届いていますよ」とご連絡を受けたときは焦りました。すぐに配送業者さんに電話して 急いで回収・交換してもらい、納期には滑り込みセーフ。自分の甘さを痛感し、 以降は発送作業を1件ずつ別々に行ったり、受け渡しの際にはラベルまで確認したりと 工夫するようになりました。また普段からスケジュール帳に予定を書き込み、 上司への報告を密に行うことで失敗を防いでいます。
 

就職活動アドバイス


職場を見学できる機会があれば、ぜひじっくり見ておきましょう。 私自身、当社の面接の後に社内をひと通り見せてもらったことで 入社の決意が強くなりました。インターネットでいくら情報を調べても、 社員の方々がどのような環境でどんな仕事をしているのか、実際の現場を見て 得た直感には遠く及びません。また、面接では自分らしさを積極的にアピールしましょう。 面接官に顔を覚えてもらい、印象を残すことが入社への第一歩ですよ。
           
個人情報保護方針 情報セキュリティ保護方針
Copyright © 2007 FCC techno Co.,Ltd. All rights reserved.